FC2ブログ

光と共にあらんことを

オンゲー(FPS)、遊戯王、適当な日常を暇だったら更新する程度なブログ。 めんどくさがらず、頑張ってやってみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

天使始まってるwww

正直、

始まりすぎwww


奇跡の代行者ジュピター

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1800/守1000
1ターンに1度、自分の墓地に存在する「代行者」と名のついた
モンスター1体をゲームから除外して発動する事ができる。
自分フィールド上に表側表示で存在する天使族・光属性モンスター1体の攻撃力は、
エンドフェイズ時まで800ポイントアップする。
また、フィールド上に「天空の聖域」が表側表示で存在する場合、
1ターンに1度、手札から天使族モンスター1体を捨てる事で、
ゲームから除外されている自分の天使族・光属性モンスター1体を選択して特殊召喚する。

神秘の代行者アース

チューナー(効果モンスター)
星2/光属性/天使族/攻1000/守 800
このカードが召喚に成功した時、
自分のデッキから「神秘の代行者アース」以外の
「代行者」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。
フィールド上に「天空の聖域」が表側表示で存在する場合、
代わりに「マスター・ヒュペリオン」1体を手札に加える事ができる。


下ふたつ真偽不明

破滅の代行者 ウラヌス
星1 光属性天使族 攻?守0
攻撃対象になった場合相手の元々の攻撃力より100高い数値になる
天空の聖域がある時自分から攻撃した時でも発動する

虚無の代行者 ネプチューン
星6 光属性天使族 攻0守0
召喚か特殊召喚成功時フィールド上の全モンスターの攻守を0に
このカードがいる限りお互いにモンスターの戦闘によるダメージを受けない
フィールドか墓地に天空の聖域がある時手札から特殊召喚可能。自分のモンスターはこのカードの効果を受けない


そして、それら惑星を統べる


マスター・ヒュペリオン

効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2700/守2100
このカードは、自分の手札・フィールド上・墓地に存在する
「代行者」と名のついたモンスター1体をゲームから除外し、
手札から特殊召喚する事ができる。
1ターンに1度、自分の墓地に存在する
天使族・光属性モンスター1体をゲームから除外する事で、
フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する。
フィールド上に「天空の聖域」が表側表示で存在する場合、
この効果は1ターンに2度まで使用できる。


とりあえず、色々なデッキの形ができると思うね。

以下空想。

【天空の聖域】

マスター・ヒュペリオンを筆頭に代行者および天空聖者メルティウスによるビートダウンデッキ。
カウンター罠により相手の伏せカードを封じながらヒュペリオン効果によるモンスター破壊でダメージを与えていくようなデッキ。
神の警告の登場により、カウンター罠は使いやすくなったのではないかと思われる。

【ヴァルハラ/ヒュペリオン】

神の居城ヴァルハラを主体としたデッキにヒュペリオンを入れたデッキ。☆8の存在からトレード・インがスムーズに入ると思われる。
アスモディウス・クリスティア・ヒュペリオンの☆8モンスターとヘカテリス、朱光、次元合成師がモンスターとしては候補では。

【天空の聖域/ヴァルハラ】

天空の聖域とヴァルハラをどちらとも採用することで、墓地天使はゼラディアスとヘカテリスが溜まっていく。
また、他に採用するカードとしては朱光とオネスト、ジェルエンデュオくらいかな。

上級天使はクリスティアとヒュペリオン、あってVENUSか轟龍。


また、ヒュペリオンと相性の良いカード。

・奇跡の光臨
ヒュペリオンによる効果除外によって、除外は簡単に行えるようになった。
アスモディウスやトレード・インによって大天使クリスティアやヒュペリオンを墓地に送って、ヒュペリオン効果で除外の光臨が可能に。

・救援光
天空の聖域があって、アース召喚アース除外ヒュペリオン特殊召喚救援光アース回収、ニレンダァ・サンレンダァ!

墓地に光天使が存在しないと効果破壊はできないけれどね。

・次元合成師
1ターンの間があるが、破壊されれば自分が墓地の天使族となり、除外された天使族を回収できる。

ただ、代行者ではないのでヒュペリオン特殊召喚は不可能。

・おろかな埋葬
代行者を墓地に送ることができるので、あわよくば1ターン目からヒュペリオン特殊召喚。

ただ、天使族は墓地アドが弱いので、採用は半々かと。

・大天使クリスティア
ただ、除外天使寄りなので、入れるならヴァルハラ型にどうぞ。

・名推理
マッチでは確実に☆8選択されるだろう。

ただ、墓地に落ちることは良いこと(ヒュペリオンの効果除外に使える)なので採用の余地あり。


とりあえず、デッキ構築で使えそうなこと。


1 ヒュペリオンを特殊召喚したい!

ヴァルハラによる特殊召喚。
代行者除外による特殊召喚。
奇跡の光臨による特殊召喚。

2 ヒュペリオンを手札に持ってきたい!

黄金櫃によるサーチ。
天空の聖域上でアースによるサーチ。
トレード・インによるドロー加速によるサーチ。

3 破壊されて墓地にヒュペリオンが行ってしまった!

墓地のヒュペリオンを素材としてもう一体のヒュペリオン効果除外による光臨。
墓地のヒュペリオンを回収。
能動的な除外(魂の解放や神聖なる魂)からの光臨。


今まで気づいてわかったことは、


ヒュペリオンが墓地に行ってしまったあとはどうするか。

だね。

サーチや特殊召喚は案外いけるんだが、墓地送りされた後がどうしようも無いな。


ここが大事だなー。


っと思い出したんだが、ねててのダムルグは完全に使い回しだったなー。

墓地闇の一つとして活用して、あと風あればいいやーみたいな感じだったわ。

ってか、彼がダムルグ出す時ってアロマロックを確実に決められる時かフィニッシャーとしてだったかなーとか思ったり。


すげー内容濃いなw

ここ数日分の思いを伝えてみました。

ではでは。
遊戯王 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<4000アクセス突破してたのね…w | ホーム | トラックバックテーマ 第1082回「最近読んだ本を教えてください」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。